サプライチェーン排出量とは?

サプライチェーン排出量という言葉を聞いたことがありますか?

企業で作られた製品が消費者のもとに届き、廃棄されるまでの一連の流れで発生する温室効果ガスの排出量のことをサプライチェーン排出量といいます。

Scope1(直接排出量):自社の工場やオフィスなど

Scope2(エネルギー起源間接排出量):電力など自社で消費したエネルギー

Scope3(その他間接排出量):原料の製造から製品の販売までの自社以外の排出量

の3つで構成されるのですが、今まではスコープ1と2しか重要視されていませんでしたが、スコープ3を入れることでサプライチェーン全体の排出量が把握でき、1企業だけでなくそこにかかわる企業全体で削減できる余地を模索できるというメリットがあります。

弊社の扱っているエコネット™も、経費の観点からだけでなく、室外機の消費電力を削減することでCo2排出量の削減に大きく貢献できる商品です。ぜひ企業のイメージアップにご活用ください。

詳しくは、環境省「サプライチェーン排出量」

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です